事業内容

4つの柱となる事業

英検またはGTEC奨学金事業

新大学入試に対応するための外部英語検定試験はいったん再検討となりましたが、民間の英語検定試験をとり入れている大学は年々増えています。また出願時のスコアは大学入試共通テスト、民間の英語検定試験結果のスコアどちらでも提出できるようになっています。キッズドア基金ではこのような状況に対応するため民間認定試験用の奨学金を用意していきます。

新生活準備奨学金事業

2019年度においては東京2名、東北2名ずつ、計4名の生徒にそれぞれ10万円ずつの「新生活準備奨学金」を給付することができました。給付したそれぞれのインタビューから、この奨学金の重要性を再確認することができました。高校を卒業した後、新生活に入るために必要とされるお金は多額です。当初想定していたスーツやパソコンはもちろんのこと、教科書や教材などに係る費用も高額です。意欲ある若者が希望をもって新生活を迎えることができるよう給付人数を増やしていきます。

団体支援事業

NPOの運営にとって資金調達は大きな課題です。現在行っている事業を更に良いものにしていきたい、子どもたち、保護者に必要とされる仕組みを構築したい、団体の基盤をしっかり整えたいなど運営課題は山積みです。
キッズドア基金では日本の子どもに対して事業を行っている団体に特化した支援事業を展開していきます。少額からのスタートになりますが、日本国内の子ども支援をしている団体がより活動の幅を広げていけるよう応援していきます。

教育改善支援事業

教育改善の手法として今、必要とされているのは現状を明確に把握できるエビデンスになります。現在、日本の子どもの支援を幅広く行っている団体に対して、学習支援の現場にフォーカスしたデータの抽出、成果及びインパクトの測定と検証を実施してもらい、本当に必要なニーズの吸い上げと現状の課題改善に向けた施策を策定していきます。

助成先募集中のプロジェクト

プロジェクト一覧

寄付募集中のプロジェクト

プロジェクト一覧